無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第126話

118話




👩《あ、いや、そのね?!私達歌の練習してたの!!》



いやは( ˙-˙ )☜



🐥「そんな汚ぇ声で歌うやつどこにいんだよ」



👧《あの……じみな?落ち着いて……?》



なんて言って 今までの酷い形相はどこいった( ˙-˙ )☜



🐥「うん、落ち着いてる、けど……」

























🐥「あなたに何か変なこと吹き込んでるやつ見ると落ち着いてられないから」





そう言って 机を蹴る じみな。






👧2《だって……この女が悪いんじゃん!!》




👩2《そッ、そうだよ!!大体この女がじみなと絡んでから じみなの人付き合い悪くなったし!!》




🐥「………は?」




🐥「だから 俺とあなた が喋るなって?笑笑」




🐥「なにそれ笑笑 それって俺に対して喧嘩うってる?」




👧《なッ!!》




??「あぁ、やっぱりだ笑笑」




👩《………え?》









そう言って 暗い影がこちらへと来る。









ようやく明るくなり顔があらわになると正体が分かった。

































🦁「やっぱり 今日は何かあると思ってたんだよね〜」






🦁「残ってて良かった〜」







🦁「それで?」

















🦁「誰から 潰されたい?笑」







next