無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第94話

89話


私はそのまま無視しようとしたけれど






🐥「ねぇ」





なんて言って私をひきとめる。






そういえばこんなこと前もあったな






『な、なに……?』





🐥「てひょんと付き合ってるの?」





『う、うん……』





🐥「あなたはちゃんと てひょんが好きなの?」





『そ、そうだよ……』




🐥「その場の雰囲気でも無く?ちゃんと愛してんの?」




『そうだって!!何回言わせんの?!』




『しかも……』



『あんたに関係ないじゃん!!』




『どうせ私なんか…』
























『じみなにとって赤の他人なんだから……』






🐥「ッ………」









私はその後 すたすたと歩く。








後ろから






🐥「違う……」






なんて聞こえたのは無視して ___





next