無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話



🐰「どうした?」




『あ、いやッ!!なんでもないよッ!!』



🦁「ん?何かあったの?」




なんて後ろから振り返って聞いてくる きむてひょん



『全然大丈夫!!』






そう言うと





🐰「は?お前…………」























🐰「顔ぶっさいくだぞ( ˙-˙ )」





とか言いながら 移動教室とは反対側の場所に一気に手繋いで 走るよね☜は




『ちょ、なにッ!!』





すんげぇスピードで走りながら何も言わない。





『そッ、そろそろ足取れるって!!』






いやほんとよ☜







『ねぇってば!!』






私がそう叫んでみると 気づけば教室に戻ってて





『なにやってんの』




🐰「泣いてる………」



『は?』











🐰「お前さっきからないてるんだって」







そう言って 私の頬をなぞってくる





🐰「ほら、泣いてる」




『ッ………』





🐰「ごめん………」






🐰「俺には泣いてる理由が分からないから」







🐰「こんなことしか出来ないんだ」





だって、え、待って( ˙-˙ )





この方達付き合ってませんよね?お?( ˙-˙ )☜いや散れよ






まぁそんなことは置いといて






とても勇敢な行動をした じょんぐく氏を褒めてあげてくださいね☜は






next