無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話




” 俺の事好きでしょ ” ____





『ッ…………』





🐥「あ、なに?笑笑 図星だったの笑」





🐥「あ、ちなみに俺は………」
















🐥「内緒笑」







そう言うとまた すたすた と歩いていってしまう。






この時の私は






少し 感がなさすぎたようだ。






この日から私たちは
















互いにすれ違っていたのかもしれない __









next