無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

39話




私は家に帰る前に コンビニに寄って 昔じみなが好きだったシュークリームを買って持っていくことにした。








あ、お礼ってことでね笑










いつも押していたインターホンなはずなのに














無性にどきどきした。








ピンポーン









押すと










🐥「はい…………」









🐥「ッ……!!」







ドアを閉めようとする じみな。







でも私はそこをひきとめる。








『ちょ、ちょっと待って!!これ!!』








そう言ってまだあるわずかな 隙間の所にコンビニの袋と ともに 差し出す。








すると、少しだけためらい








やっともらってくれた。









そして、ドアの向こうから聞える









🐥「ありがとう.」 は、










少しだけ嬉しそうな声調だった。








next