無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第162話

season 2 .




『じみん!!』



そう言って隣にいるじみんの肩をとんとんと叩く。



🐥「おッ!俺ら一緒のクラスじゃん笑」



『そうそう!!私たちやっと一緒になった!!笑』



🐥「いや、1年、2年の頃は嫌になるほど離れてたしな笑」



そう言って くすっと笑う じみんはまるでいつかの日の君じゃないみたい。



今でも思い出すよ。



丁度2年前のじみんは私に向かって




「 そのじみんちゃんって呼び方やめろ 」



とか、確か言ってたよ((



そう思うと



『ふふッ』



🐥「………なに笑ってんの」



『なんでもない笑』



🦁「いや〜、朝からアツアツなところ悪いけれどさぁ?!」



🦁「 一応!! 俺も同じクラスだから〜!!」



🐥「あ、まじか( ˙-˙ )」



🦁「えぇ、何その反応……笑」



『てか、今日もぐくは遅刻?笑』



🦁「やっと俺ら3年になったのに笑」



🐥「さすが遅刻魔」



🐰「誰が遅刻魔だって?‪💢」



『あ、ぐく!!』



🐰「てか俺も一緒だし」



🦁「おぉ!!仲良しチーム復活だね!!」



🐥「幼稚。」



🦁「なッ!!」



🐰「てか俺らが仲良かった瞬間あったっけ」



🦁「ちょい!!」



『笑笑』



クラス表の前でこうして笑っていると


👩「ちょ、私のこと忘れないでよちょっと」



そう言いながら てひょん と ぐくの背中をばしっと叩く じうん。



🐰「おい、怪力ばばあ」



👩「ちょ、!」



🦁「じうん、おはよう笑」



👩「私も一緒のクラスだから!!」



『ほんと!!』



👩「うん!!」



今年はみんな一緒のクラスのようです。



みんなで教室に着くと



私たちのクラスだけ一際ざわざわしている。



ちらほらとこんな声が微かに聞こえた。



【転校生、超可愛くね?】



〔今年の新任の先生の妹らしいよ〕




【え?!】




👩「可愛い子?」



🦁「まじで?!」



🐰「いや話飛びつくかよ」



なんて言いながら入ると



『か、可愛い……』



すごく可愛い子がちょこんと座っていた。



その子は一瞬振り返った。



私はその時のじみんの顔を今でも忘れない。



🐥「そ、そぅちゃん……?」



👩「あ、ちむ君!!」



🦁「え、えと……?」



🐰「急展開……?」



👩「いけめんどこかな」☜



『じみん……?』




これからもなんだか




波乱の予感です…………




season 2 Prolog END.