無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第114話

106話



じょんぐくside




🐰「てひょんとほんとに付き合ったのか?」




俺は最後のチャンスだと思ってあなたに問いかける。




『……………うん』



それからあなたはココアを手に持って 付き合うまでの過程を話す。



正直なところ 聞きたくもないけれど


きっとこうしていないと















僕の諦めがつかないから ___ .






🐰「そっか………」





🐰「それで あなたは」
























🐰「幸せか?」








僕はあなたに問いかける。








すると すごく切なそうな笑顔で言われたんだ。














『うん、幸せだよ。』





『だって私』




















『てひょんのこと愛しているもの』












🐰「そうか…」




🐰「辛いことがあったら前みたいに相談のるし」



🐰「これからも俺と仲良くして欲しい」



🐰「別にもう恋愛感情はないよ」





















🐰「出さないように…する……から」







あぁ、俺 だせぇじゃん笑笑







先に戻ったあなたの背中を見送ってから








僕は静かに


















涙を流した _____ .







じょんぐくside end.




next