無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

76話


てひょんside.



あなたが派手に じみんの事をビンタした後すぐに出ていってしまったもんだから必死で追いかけた。


だけど途中でどこ行ったか分からなくなっていろんな場所に走っていった。


その時の僕といえば、休みなしに必死に走ってた。



こんなに誰かのために走るのは初めてだった。



そしてやっと見つけた。



見つけた時には冬ではありえないくらいの汗の量で



それでも話しかける時は必死に息を整えて



平気なフリして


余裕なフリして




🦁「ねぇ、勝手に居なくならないでよね笑」




なんて言ってみた。





僕の目に映る君はまだ笑顔には程遠い顔で




僕は早く















君を笑顔にしたい ___






next