無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

72話




そろそろ初おばけこんにちはする頃になり ぎゅっと自分の服の袖を掴む。



すると



🦁「怖い?」


とか言って 私に小さい声で話しかけてくる。


いやあなた怖いの苦手じゃないの( ˙-˙ )




🦁「大丈夫だよ、所詮これ作り物だよ?」



え、それ言っちゃダメなやつ( ˙-˙ )☜え



しばらくすると 隣の席の人も連れの人に話しかけてるみたいで




??「怖い?笑笑」



👩《うん、怖いぃ……》



なんて言ってて なんだリア充かよ( ˙-˙ )☜



とか思ってたりした






そんで映画は終わって足元がどんどん明るくなっていくと






🦁「はぁ!!面白かったね!!」






なんて言って私の方向に顔を向けてくる てひょん。





” そうだね ” と返そうとすると





いきなり てひょんの顔が険しくなる。






『てひょん……?』





『どうしたn……』






てひょんが言葉を失うのも分かる。






だってまさか隣に座ってたやつが





じみな だったなんてそんなの誰も思わなかっただろうから







next