無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

50話



『あ、うん……!!』




🐭「んじゃあな」



そう言って家に入っていく ゆんぎおっぱを見送った後私も自分の家へと入る。




すると














🦄「ん〜……あなた………どこか行ってたの……?」



なんて言って少しだけ寝ぼけてる ほそくおっぱ。




『コンビニに行っただけだよ』




そう伝えると



🦄「そっか!!」



とか言ってまた寝るおっぱ







私はその姿を見たあと





静かにゆんぎおっぱに貰った チョコを食べた。




next