無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第134話

123話




そう、私が聞いたのは じうん がずっともがき苦しんできた事の話。



それは


























てひょんのことがずっと前から好きだったこと。















🐰「………え?」




👩「でもさッ、、あなたと付き合っちゃったから……」




そう言って涙ぐむ じうん。




『ッ…………』




👩「私あの時ほんとは……」




🐰「なんで今更……」



👩「だって あなたの事あんた好きだったじゃん!!」



🐰「それはッ………」



👩「私の方がって思っちゃったの、、私」



👩「ねぇ………」





























👩「どうすればいい?」





そう言って 涙を流す じうん。





” 私よりも ” その言葉が心に刺さる。





私は てひょんの埋め合わせになろうとしただけなのではないか





そう思うと じうんにすごく申し訳なかった





ぐくはそんな じうんのことに対して何も出来なくて ただそれを見るだけだった。





でもその時私がとっさに思ったことは__







































てひょんに別れを告げよう _____ .









next