無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話





🐰「あのさ………」





『な、なに……?』





🐰「俺なんでこんなことしたと思う?笑笑」





『知らない』




🐰「実はさ、あなたが泣いてたからってものあるんだけどさ」













🐰「実は教科書とか全部忘れてきたってものあるんだよねッ☆」









『……………』








🐰「ん?あなた?」










『このやろぉぉぉぉぉぉぉお!!』









そう言って 肩を叩く





🐰「痛ッてぇ!!何すんだよ笑笑」





『ちょっとでもあんたに どきどき した私が馬鹿みたいじゃん!!笑』






そう言うと







🐰「べつにいいよ、そのままで」





『え?』





🐰「なぁんてね笑笑」





そう言って デコピンしてくる。





『ちょ!!』





🐰「仕返し笑笑」





そう言って笑いあっていたら 短縮授業だったせいか もう1時間目終わってたわよって( ˙-˙ )☜は










next