無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

41話



あ、ちな、私の兄の紹介が雑だってあの馬に言われたんで軽く載せときますねッ!!☜は




ちょん ほそく .


👨 なむじゃ


あなたちゃんの兄


いつもは家にいない。


なんせ仕事場が韓国だからッ!!☜は


こいつはきっと前世 馬( ˙-˙ )


来世も馬( ˙-˙ )☜は








以上!










🦄「あなたや〜!! ほそくおっぱが来たわよ〜!!」




『ねぇ おかま( ˙-˙ )』



🦄「ちょ笑笑 酷くない?!」



『んでなに?なぜ帰ってきた( ˙-˙ )』





🦄「いや、ただ休みもらったから帰ろうかなと笑」




『そうなんだ。』




🦄「じみなは元気か?」




『………さぁね』




🦄「なんだ?笑 喧嘩したのか?笑」




『別に』



🦄「昔あんなに仲良かったのに笑」




『昔でしょ?笑』



🦄「そっか笑」





なにかを悟ったのか ほそくおっぱ はただ何も言わず




鼻歌を歌いながら 私の頭を撫でていた。







『なに、頭のゴミでもとっておるのか( ˙-˙ )』




🦄「笑」




🦄「違うよ笑」




🦄「なんか……」


















🦄「見ないうちに綺麗になったね」







next