無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

116話



(115話参照)



これを知らない私たちは のんびりと昼飯を味わっていた。



でもその中でも 1人だけ違う感じをかもし出す人間がひとり。



それが















🦁「ん〜……」





👩「どうした てつお( ˙-˙ )」





🦁「あぁね、なんかさ、今日の昼飯は不味いわハズレ」






👩「そうか笑笑」








🦁「なんかなぁ………」



























🦁「なんか……なんかありそうだよなぁ……」




とか言って 遠目で空を見る。









この時私はこの言葉を




























流してしまったことをとても後悔してる _____ .






next