無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第71話

68話



じみんstory.


夜の街を見ていると、ふと思う。



僕ら人間は宇宙からみると すごくすごくちっちゃい存在なんだろうなと



昨日の僕がいれば


今日の僕がいて


そして必然的に

明日も僕がいる。



でも




ひとつだけ変わったことがある。





前まであったものは 明日もあると思っている人がきっと多い。




けれど僕は決してそんなことはないと思ってる。




だって僕は今でもそれを実感している人間だから。




外見が変わっただけで僕はただのダメな性格で



性格自体は全く変わらないんだ。



そのせいか














昔まで横に必然的にいた あなたは今














いない。






こうなったのも全部僕のせいで







こうなるのもきっと僕の性格すべての報いだ。









するとふと、隣に ひょんが来て




🐭「そんな外にいると湯冷めすんぞ。」



そう言って白湯を隣に置いてくれる。



🐥「……ありがとう。 」



🐭「おう。」


🐭「んじゃ、俺寝るから。」






僕はひょんみたいに……








強い人間には









どう足掻いてもなれないんだ ___






じみんstory end.




next