無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

46話




私は夜お腹がすいて近くのコンビニまで行こうと思い家を出ると




🐭「お?あなた?」





『あ、ゆんぎおっぱ』




🐭「なんだ?夜食でもすんのか?笑」





『なんでそう分かっちゃうかなぁ笑』




🐭「あ、当たりか?笑」




『うん笑笑』




🐭「んじゃ、一緒に行くか?笑」




『あ、え?』




🐭「はい、決まり〜笑」








そう言って連れ出す ゆんぎおっぱ。







少しの間あってないからかな?








なんだかすごく 対応がやわらかくなった気がするんだが( ˙-˙ )☜







next