無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

22話



そして学校はもうすぐ 終業式間近となっていた。




当然 雪が降っていて



夏の余韻などひとつも残っていない。





🦁「う〜、さむさむさむッ!!なんだこの寒さはッ!!」








🐰「ほんとそれ、でもな てひょん。」

















🐰「いくら家の中だと言っても半袖短パンはないぞ?( ˙-˙ )」





そうです、今日は冬休み前にみんなで遊ぼうってなって きむてひょんのお家にみんなでいます。





ちな、わいの隣にいるのは よんたん。





いやぁ、なんて可愛いんだ(´^ω^`)☜は




『よんた〜ん!!』




そう言って よんたんに飛びつくと





🦁「あッ!!あなたの温もりが残ってるうちに!!」



とか言って よんたんに飛びつきに行くてひょんは1種の変態だと思われます( ˙-˙ )☜は





next