無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

26話





まぁ、先程の超うるさい電話を切ったあとに





🐰「ごめんあなた、早く帰ってこいって言われた……」





そう言われたけど、私の家もうここ曲がった所にあったわけだから





『あ、私の家ここ曲がったとこにあるから大丈夫だよ!!』




とか言って帰させた。




んで、ちょっと曲がって進んで




家に入ろうとした時















誰かとぶつかった。






この香りはどこかで嗅いだことがある。






でも
















なんとなくこの香りは思い出したくもない。









next