無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第112話

104話



じみんstory.





たまたま あなたを見つけた。





見つけた時のあなたはびっくりしてた。





だって見つけた相手が僕だったしね笑笑




きっと しばらくここにいたんだろうな と思うと なんで早く気づけなかったんだろう って思った。





そして僕の最近変わった所。





それは















今まで遊んでた女の子の関係を全員きったこと。











それに対して僕の友達は





👨「お前まじでなにがあった?笑笑」





なんて聞かれたけれども




僕だって分からない。




でも ゆんぎひょん に言われてからなぜかそうしようと思えた。




🐥「ん〜……俺やめたんだッ笑笑」



👨「なんだよ〜笑 好きなやつでも出来たか?笑笑」



🐥「ん〜………」







🐥「ないしょ〜笑笑」








🐥「でも強いて言うなら」




























🐥「大事な人からの信頼を取り戻すため?笑笑」










じみんstory end.




next