無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第161話

139話



色々あって、たくさんぶつかって


たくさん泣いて


辛い思いも沢山あったけれど


🐥「あなた、なにしてんのさ。早く行くよ笑」


なんて言って笑ってくれる じみんが隣にいてくれるのは


その過程があったからだと今は思ってる。



『分かってる!!』



そう言って今日もまた私は



愛する貴方の所へと向かっていった。



最近、じみんの隣で並んで歩いていると



こんな声がちらほら聞こえる。



【あの2人って付き合ってるの?】



《えぇ、じみん先輩狙ってたのに笑》



ってね。



すると、その子たちの所に行って




🦁「こらこら〜、人の彼氏とるなんて また随分と変な性格持ってるね?笑」



《て、てひょん先輩?!》



🦁「あなた、じみん、おはよ!!」



『おはよう!!』



🐥「また随分と派手なあいさつだこと笑」



てひょんとも和解できたから今はみんなで一緒にいます!!



🐥「まぁ、なんでもいいけど笑」


なんて笑う彼を横目に今日も最後の1年を楽しみに


教室に入った








season1 END.



反応があればseason2 まで持っていきます☜