無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第121話

113話




『……え?』




🐥「フフッ笑笑 僕変なこといった?笑笑」




『あ、いや………』




🐥「なに?笑笑」



『別に……』



🐥「あのさ、僕前に赤の他人とか言ったじゃん」



🐥「それ……」


























🐥「ほんとに思ってなかったし きっと僕……」
















🐥「あの時どうかしてたんだ……」















🐥「こんなこと言ってもきっと過去の発言は取り消せないし、記憶にも残ってしまうだろうけど………」




























🐥「もう一度 仲良くしてほしいんだ昔みたいに」






『じみな……』





















『私もごめんなさい』







『また、是非仲良くして貰えると嬉しいですッ!!笑笑』







🐥「えへへ笑笑」







そう言って2人で笑い合えば
















私たちの失われた時間のピースがぴったりと繋がった ____ .










next