無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話





『え………』




🐥「あと ” お前 ” さぁ……」


















🐥「俺の事好きでしょ?」





そう言って 私の方向をくるっと向けば





世間で言う 壁ドン をされてしまい思わず顔を背ける。




え、だって私ずっと前から














じみんちゃんが好きだったから









next