無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第155話

135話





私はそれから考えた。



そのために少しの休暇をとることにした。



別に高校だから休んでもそんなに言われないと思っていたし



自分の身体的にも疲れていたから。



毎日のようにポストに届く、クラスメイトからの手紙やクラスだより。



それと、てひょんからの手紙も。



どうやら、毎日私の家に届けてくれているのは てひょんのようだ。



手紙には毎日



「 たくさん悩んで、いい答えを 」



その文末で終わるのが定番だった。





そして、ある日の手紙では




「 今日は雪がすごく綺麗な色をしていたよ 」




なんて書いてあって 写真も入ってた。








こうして、毎日募る てひょん からの手紙は溜まっていった。



じみん からは相変わらず何も無かった。



けれど、毎日ポストの手紙をとる時いつも じみな の付けてる香水の香りが微かにしていた。



なぜだろう。



なんだか今日は夜食が食べたい気分だった。



玄関のドアを開けると



🐥「…………」



『じみな………?』










🐥「あ………」





🐥「久しぶりだね……笑笑」





君はまた 私が見ない間に




少しだけ変わっていた。




next