無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

14話



それからかな、じみんちゃんの女遊びというか………



まぁ、色々と荒れたのは




じみんちゃんはもう昔の事なんてなかったみたいに




毎日違う香水の匂いをまとい



毎日違う女子と話していたり



私と目が合えばすぐに逸らす。







『ん〜…………』







🐰「どうした笑」






🦁「さっきからどうした?笑 お腹痛いわけ?笑」






『ちがう ちがう笑』





🐰「んじゃなに笑」





『ん〜、難しいな〜って』





🐰「なにが?」





👩「女子になんか言われたとか?」





『いやそれはない笑』





🐰「あぁ、もしかして」




















🐰「ぱくじみん?」








next