無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第83話

79話




🦁「この気持ちってなんだろうね?」








『………私には分からないや』




🦁「そうだよね、笑笑」




🦁「あ!!ここまで走ってきてあなたも疲れたでしょ?はい、どうぞ!」





そう言って差し出してきたのは 水が入ったペットボトル。




『ありがとう笑笑』




🦁「ううん、全然大丈夫だよ」




🦁「それよりも……」























🦁「僕はあなたの方が心配だったから」






next