無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

159
2020/11/26

第14話

今 の は 事 故!


あなたside


ん、、、?


今柔らかいものが唇に当たってる気が…?


あっ、、、、、、







中島 「 松島!!!!! 」




バァン


松島 「 いったぁぁぁ…… 」


中島 「 あなた!大丈夫???? 」


『 あっ、いや、べつに、ね? 』



マリ 「 聡ちゃん!大丈夫? 」


松島 「 ん、い、たい 」


マリ 「 いっかい座りな 」


松島 「 ん、ありがと 」


菊池 「 中島、突き飛ばしすぎ笑 」


中島「 えっ、、あ、わぁぁご、ごめん!!!
    ほんとごめん!!!痛かったよね??
    ごめん!!!」


松島 「 大丈夫だから笑 」


菊池 「 おぉ〜い? あなた〜? 」


『 ん、あ、え、なに? 』


菊池 「 もしかして…ファーストキス? 」


『 は、はい?!な、なわけないでしょ?! 』


中島「 うゎぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
     そうなの?!?!そうなんでしょ!!!」



『 …そうだよ 』




映画でもドラマでもしたことないからね??



メンバーがうるさいから

松島 「 えっ!!そうなの?!ごめん!!! 」


『 いやいや、松島は悪くないよ?笑 』


松島 「 いやいやいやほんとにごめん!! 」


『 だから松島は悪くないって笑 』


松島 「 いや、でも! 」


ギューーーーー


『 だから、松島は悪くないの
  わかった?』


松島 「 う、うん 」


『 悪いのは…菊池とマリウス!! 』


菊池マリウス 「 ビクッ 」


『 2人が松島のこと押すからいけないんでしょ? 』


マリ 「 …ごめんなさい 」


菊池 「 …わりぃ 」



一件落着!!












………………………じゃないや