無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

243
2020/09/18

第3話

撮 影



あなたside


カメラマン 「 今回はシンメと撮影です! 」


『 え〜聡マリが良かった 』

月島啓太 「 文句言うな!あなたのせいで撮影押してるんだよ(圧」

『 はいはい 』



月島啓太(つきしまけいた)

マネージャーなんだけど、怒るとめっちゃ怖いから笑

かっこいい顔してるのに…






佐藤「 よっしゃ!!!俺あなたと! 」

中島 「 俺もあなたとがいい!! 」

菊池 「 中島、俺ら1番目だから行くぞ 」

中島 「 あなた〜!!!!! 」

『 いってらっしゃい〜 』

松島 「 マリ飲み物買いに行こ! 」

マリ 「 いいよ! 」

『 いってらっしゃい! 』






佐藤 「 ねぇねぇ、今回はカップルっていう設定だって!」

『え、、また?』


つい最近その設定やった気がするけどな…?

まさか佐藤、裏でなんかしてんじゃ((





佐藤 「 かっぷる〜♡かっぷる〜♡ 」

『 テンション高いね 』

佐藤 「 ふふっ 」

『 パシャパシャ 』

おっ!可愛いの撮れた!
後でブログ載せよ!


佐藤 「 なんでニヤニヤしてんの?笑 」

『 ふふっ見て!撮ったの! 』

佐藤 「 いつの間に…消しなさい! 」

『 嫌です〜 ブログ載せるんで 』

佐藤 「 じゃあ俺だってあなたの写真撮るから!!!」

『 撮れるもんなら撮ってみな笑 』

佐藤 「 じゃあ撮るし 」


ガチャ

月島啓太 「 ふまけんもう終わるから準備して 」

『 おぉ〜!けいちゃんいいところに来た! 』

月島啓太 「 その呼び方いい加減やめてくんない?笑 」

『 やだ 』

けいちゃんって可愛いじゃん!

中島はけんちゃんって聞き間違えるからやだって意味わかんないこと言ってたけど((

佐藤 「 写真撮れなかったじゃん!!! 」

月島啓太 「 いやっなんのことだよ笑 」