無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

215
2020/09/22

第4話

撮 影


あなたside


カメラマン 「 カップルぽく接してみてください! 」


カップルぽくと言われてもね…?

佐藤 「 あなた〜手繋ご? 」

『 …スキすぎてスキでスキなだけ♪♩♬ 』



佐藤 「 気持ち伝えるLoveLoveLove♪♩♬ 」



佐藤 「 って違うわ!!笑」



『 おぉ〜流石のノリツッコミ!! 』



佐藤 「 もう笑 早く、手!」

『 はいはい 』



佐藤 「 やった!ギュッ 」



しょうがないから繋いであげましたよ

『 佐藤、後ろ向いて? 』

佐藤 「 ん?はい 」

『 ギュッ(バックハグ) 』

佐藤 「 ちょ…/// 」

カメラマン 「 おぉ〜あなたちゃんいい感じ! 」











カメラマン 「 はいっ!おっけーです! 」

『 ありがとうございました〜 』

佐藤 「 あれはずるい…/// 」







〜楽屋〜

『 ただいま〜 』

中島 「 あなた〜遅い! 」

『 しょうがないじゃん、佐藤がふざけてたんだから』



佐藤 「ふざけてたのはあなたでしょ?! 」



その通りですね

スキすぎての後も何度かふざけました←何度かじゃない!By佐藤











中島 「 あなた、ご飯行こ! 」

『 んー…奢りなら…ね? 』

中島 「 な、、わかった 」

佐藤 「 ゴチでーす! 」

菊池 「 よっしゃ! 」

松島 「 いぇーい! 」

マリ 「 なに食べる?? 」

『 そこはやっぱ寿司でしょ?! 』

全−中島 「 さんせーい!!」

中島 「 え、あなたと二人で行くんだけど? 」

『 え、、、みんなも連れて行ってあげないんだ… 』

佐藤 「 そっか、そうだよね…ごめんね 」

松島 「 …早とちりしちゃったね 」

中島 「 あぁー!!!もう!連れてけばいいんでしょ?!」

『 いぇーい! 』

中島 「 はめられたわ 」