プリ小説

第27話

想いと嘘(優樹菜Ver.)
黒澤 翔(くろさわ かける)
黒澤 翔(くろさわ かける)
俺と付き合ってください
突然の事で、しばしの沈黙がおこる…

脳の処理が追いつかない…付き合う?私が?彼と?
黒澤 翔(くろさわ かける)
黒澤 翔(くろさわ かける)
ゆ、優樹菜?聞いてる?
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
う、うん…
黒澤 翔(くろさわ かける)
黒澤 翔(くろさわ かける)
返事今す…
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
えっと!返事ね!ちょ、ちょっと待って?
黒澤 翔(くろさわ かける)
黒澤 翔(くろさわ かける)
あ、あぁ…
焦る…これまで以上に焦ってる…!

返事…返事は…
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
私…
そこで、ある言葉が私の中を横切った。
『芸能人との恋はファンへの裏切り行為』
私…なに?何を言おうとした?ファンの一員である、私が彼を皆の憧れを

取っていいの?そんなのダメに決まってる。

だから、私は、自分の想いに…
『嘘をつく』
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
ごめんなさい
黒澤 翔(くろさわ かける)
黒澤 翔(くろさわ かける)
っ!
そうか…悪いな、急に
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
ううん、でもありがと。その気持ちは凄く嬉しいから
そういった途端に最後の線香花火が、ポトンっと落ちた。
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
終わっちゃった…
黒澤 翔(くろさわ かける)
黒澤 翔(くろさわ かける)
俺、片付けてくるわ
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
楠 優樹菜(くすのき ゆきな)
うん、ありがと
彼がスタスタと歩いていく。

あぁ、告白なんてされたこと無かったのに…それも、自分も好きな人に…。

私の胸の中では、後悔と自分に対しての苛立ちが、

複雑に絡み合っていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

しらす(°∀。)
しらす(°∀。)
どうも、しらす(。∀゜)です。初めまして、今年の春から中三になりました。 腐女子です、完全なる。部活は吹奏楽部、パーカッションです。 最近は浦島坂田船の物販に始発から行ったのにも関わらず、 5時間待ちという地獄を見ました。 物販って恐ろしい! ちなみに私は志麻さんの添い寝型の抱き枕を買いました。 布団が半分ぐらい埋まりました。 家彼、いいですか?私は〜、無事完結!みんな、読んでくれてありがとう! 本当に嬉しい! 最近、悲しかったこと 新しいクラスに友達がいねぇ! 好きなもの 歌い手、パスドラ、バンドリ、寝ること、ラブライブ、クレーンゲーム、 お金、もちろんしらす(。∀゜)は好きじゃない(嘘)
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る