無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

まさかのあの子…!?
あなた

あなたのお名前聞いてない、です!

?
あ、そうだね笑
カンタ
カンタ
俺、佐藤寛太
よろしく
あなた

さ、佐藤寛太くん!?



佐藤寛太!?

りんがイケメンって言ってた転校生じゃん!!?

まさかこんなとこで会うとは、、

やっぱりイケメンだなぁ、
カンタ
カンタ
うん?笑
どうかした??笑笑
あなた

えっと、転校生だよね??

カンタ
カンタ
そーそー!知ってんじゃん!
あなた

やっぱり!

カンタ
カンタ
俺、もうちょっと話したいとこだけど、
部活の手続き行かないと…
ごめんね、!話せてよかった!
あなた

わっ!そうなの!?
ごめんなさい!
私も話せてよかったです!
では!

カンタ
カンタ
最後に、LINEちょーだい
あなた

え、私の??

カンタ
カンタ
あなたちゃんしかいないじゃん笑笑
あなた

あ、そっか笑
はい、!

カンタ
カンタ
サンキュー!またね!
あなた

うん!バイバイ!

互いに手を振った






この3分間くらいで

色んな事がおきすぎて

自分でも動揺している。



こんなに仲良くなってよかったのかな…、

でも、仲良くなれてよかったなぁ________☺︎








下校中も色んなこと考えちゃう、

今までにないくらい胸がドキドキ高鳴っている。

もっと話したい。

何だろう、あの優しさ、あの爽やかさ、











なんだろう、この気持ち。







ーNEXT
一目惚れってやつ