プリ小説

第42話

*32


お店の人「キム様、あれはいつ行えば,,,」
JIN
JIN
ん,今かな,お願いします

お店の人「わかりました。」
you
え,ジンニム,何するの?
JIN
JIN
(無視)
you
無視すんなぁぁぁ!!
JIN
JIN
うるさい

電気消えま~す
(バチッ
you
きゃ、
you
ちょ、ジン?!どこ?!
you
むりむりむりむり!
you
わたし暗いのだめなんだって!!
you
じんんんんんんん泣






(バッ
↑目隠される。きゃ♡


























you
え?!なに?!何してるの?!
JIN
JIN
1回静かに。
you
ぬぉ?あ、うんんん
JIN
JIN
ㅋㅋ
JIN
JIN
いいよ、(スッ
you
え,,,
JIN
JIN
はっぴーばーすでー


っていってケーキ🎂を目の前によこしてきたジンニム。
you
え,,,




状況つかめてなくてパニックになってるあなたちゃん。

















それに気づいてるけどサプライズ続けるジンニム。








次のサプライズはなにかな~??ㅋㅋ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ちむ餅.
ちむ餅.
#ゆんゆんとてて君🇰🇷💣 #昔のプリ小説へ #愛してる #カスミソウ #春に向かって #Who are you? #ずっと一緒だよ. #いつでもどこでも“自分らしく” #おじくま 3月8日 すごく優しくてあたたかい気持ちになれました. みんなの言葉に励まされながら勉強頑張ります けぽちゃん たるたん みれい りり 最後にこんな私のために小説の1ページを使ってくれてありがとう(スクショしたのは内緒 はちこ けぽちゃん 愛海 たるたん ゆう みれい きなこっちゃん なゆん ことりちょん ちょーちゃん とーこ なちゅ とわ ぴーちゃん もち子 りさ もも さくら ゆあ お皿ちゃん うた コメくれてありがとう 思ってた以上にたくさんの優しい人に囲まれてるのに気付けた一日でした___.