無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

218
2020/05/18

第2話

プロローグ
目を覚ますと白い天井が見えた
次に目に入ったのは紫の髪をした優しそうな男の人、そして心配してそうなるぅちゃんの顔が見えた


















ななもり
ななもり
自分の名前言えるかな?
莉犬
莉犬
赤井莉犬です
ななもり
ななもり
莉犬くん
今日が何年の何月何日ですか?
莉犬
莉犬
えっと
2017年の1月26日ですか?
るぅと
るぅと
莉犬、、、
るぅちゃん?なんでそんなに悲しそうなの?
ななもり
ななもり
やっぱりね今日は
2020年の1月28日です
わけがわからなかった
だって2017年の1月26日、俺の成人祝いに久しぶりに長期休暇がとれたお父さんが旅行に行こうと言って家族3人でずっと行きたかった大阪に行く予定だった
るぅと
るぅと
落ち着いて聞いてね・・・
莉犬
莉犬
うん
るぅちゃんと俺の担当医だというななもり先生の話によると、俺は大阪で観光途中に事故に巻き込まれたらしい。
そして大阪の病院からこの苺原病院に転院してきた。母も父も無くしたが脳に異常はなく、るぅちゃんの家で一緒に暮らしていたらしい。
けど事故から1年たちそうになった1月23日俺は倒れて25日に目覚めた時


俺の記憶はなかった


この症状は「解離性健忘」というらしい
でもなぜ2020年かって?それは










毎年、事故の日が近づくと1年間の記憶をなくすからだ
2020年気づけば23歳














































































心は20歳のまんま