無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

45話 『爆殺隊』
高校の文化祭が始まった!


宇髄天元
宇髄天元
最近の文化祭の出し物は派手だな!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
なんで来たの!?
不死川玄弥
不死川玄弥
かわいいコいるかな…////
有沢(なまえ)
有沢あなた
げ…!
あれは炭治郎のバンドの…!
『爆殺隊』…の人じゃん!

ギュイ~ン…
野外ステージでは、
軽音部のギターが鳴り響いている。

不死川実弥
不死川実弥
おい、宇髄ィ…
宇髄天元
宇髄天元
なんだ実弥
不死川実弥
不死川実弥
ヤツらに、真のロックってやつを
教えてやりたくならねぇかァ?
宇髄天元
宇髄天元
乱入か
派手だな
不死川玄弥
不死川玄弥
いいね兄ちゃん!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
ちょ…ちょっと!!
やめてよっ

実弥たちが、ステージに乱入した。
有沢(なまえ)
有沢あなた
えっ…!?
何やって…
不死川実弥
不死川実弥
ギター、貸せぇ…
宇髄天元
宇髄天元
炭治郎、歌え!
不死川玄弥
不死川玄弥
ドラムも借りるよ!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ~~!もうヤケだ!!

♬♪~♬

学校中に、『爆殺隊』の爆音と
炭治郎の歌声が響く…。

生徒たち
「え…ちょっとなんか…」
「スゴくない??」
「誰…?」
「『爆殺隊』だっ…!!」
「インディーズの四天王、『爆殺隊』だよ!」

わぁぁぁっ…!!
竈門禰豆子
竈門禰豆子
お兄ちゃんの声!?
有沢(なまえ)
有沢あなた
すっ……すごいっっ
鳥肌っ!!
インディーズの実力バンド、
『爆殺隊』の突然の乱入に、
生徒たちは持ち場を離れて集結し、
校内はガラガラになった。

ーーその日、伝説が生まれた!



有沢(なまえ)
有沢あなた
っって、
青春ロック話じゃないわっ←

ゲリラライブで校内を湧かせた
『爆殺隊』は、先生に叱られた。
学年主任
学年主任
もー大人なんだから…
ガミガミ…
宇髄天元
宇髄天元
職員室で説教なんて派手だな!
久しぶりだ!
不死川実弥
不死川実弥
懐かしいなァ…
竈門炭治郎
竈門炭治郎
(ワルだったんだな…)
職員室から、炭治郎たちが出てきた。
竈門禰豆子
竈門禰豆子
もーお兄ちゃんっ!
バカね
有沢(なまえ)
有沢あなた
炭治郎!!
何やってんのよー
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなた!禰豆子!
宇髄天元
宇髄天元
お!
俺の嫁じゃねぇか!!

ちゅっ
有沢(なまえ)
有沢あなた
ぎゃああっ…
不死川実弥
不死川実弥
かわいいなァ…!
不死川玄弥
不死川玄弥
つ、つきあって…/////
竈門炭治郎
竈門炭治郎
やめてっ!!
あなたは彼氏いるからね!
宇髄天元
宇髄天元
彼氏ぃ?
不死川実弥
不死川実弥
…どこにいんだァ?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
どこって…剣道部だけど…
有沢(なまえ)
有沢あなた
ちょっと!!炭治郎っ!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あっ…ごめんあなた!
不死川実弥
不死川実弥
連れてけよォ…!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
すまない無一郎…


***

剣道部の、
さつまいもスイーツカフェに来ると
入り口に行列ができていた。

ぜっんぶ女子!!
有沢(なまえ)
有沢あなた
無一郎?義勇?
時透無一郎
時透無一郎
あ、あなた!
来てくれたの?
冨岡義勇
冨岡義勇
おお、あなたか
有沢(なまえ)
有沢あなた
2人が受付?
時透無一郎
時透無一郎
うん、先輩たちが
僕たちに、とにかくここにいろって
有沢(なまえ)
有沢あなた
そーいう作戦か…
剣道部、やるわねっ
無一郎に、
宇髄さんって人が詰め寄る。
宇髄天元
宇髄天元
あなたの彼氏ってのは
どいつだ!?
時透無一郎
時透無一郎
僕に何か用?
宇髄天元
宇髄天元
おまえも
かわいい顔してるじゃねぇか
時透無一郎
時透無一郎
は?
すると…
煉獄杏寿廊
煉獄杏寿廊
よもや!!
君が時透の彼女の
あなた少女か!?
中から煉獄先輩が出てきた。
有沢(なまえ)
有沢あなた
あっ!
こんにちは!
煉獄杏寿廊
煉獄杏寿廊
合宿で毎晩のように
時透が顔を赤らめて
電話をしていた相手だな?
時透無一郎
時透無一郎
ちょっ…/////
煉獄先輩っ!!
煉獄杏寿廊
煉獄杏寿廊
近くで見ると、実にかわいらしい!!
時透が首ったけなのも無理はない!
有沢(なまえ)
有沢あなた
…/////
煉獄杏寿廊
煉獄杏寿廊
あなた少女よ、
時透に飽きたら俺のところへ来い!
いつでも待っているぞ!!
煉獄先輩は、そう言いながら
後ろから抱きしめてきた。
有沢(なまえ)
有沢あなた
待っ…
時透無一郎
時透無一郎
煉獄先輩、だめっ!!
不死川実弥
不死川実弥
煉獄さんとやらよぉ、
あなたは俺ンだァ
横から頭を抱き寄せられた。
この人、なんで胸、はだけてんの…。
有沢(なまえ)
有沢あなた
ちょっ…
不死川玄弥
不死川玄弥
兄ちゃんずるい!
真っ赤になりながら、
手をにぎってきた。
有沢(なまえ)
有沢あなた
やめっ…
冨岡義勇
冨岡義勇
待て、俺のあなたにさわるな
手を離せ
割って入ってきた義勇に
正面から強く抱きしめられた。
有沢(なまえ)
有沢あなた
義勇っっ
時透無一郎
時透無一郎
待っって!!
僕のだってっっっ!!!
無一郎が男たちを、必死にはがしているけど、
かたくなに動かない。
宇髄天元
宇髄天元
あなた、
俺がかわいがってやる
そして、
強引に入ってきたひときわ太い腕で、
力強く肩にかつがれた…。
有沢(なまえ)
有沢あなた
……ッ!!
降ろしてっ!!
時透無一郎
時透無一郎
だーかーらーっ!!

あなたを離せーーーッ!!!
近くにあったホウキを持つと、
無一郎の髪が、ブワッと広がった。

冷たい顔になる。
時透無一郎
時透無一郎
おい、いい加減にしろよ
さっさと、どいてくれない?
有沢(なまえ)
有沢あなた
無一郎…
鋭い目に、まとった殺気。

こんな状況なのに、
無一郎に見とれちゃった…。

まるで剣士みたいって思った。