無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話 完璧な時透くん
キーンコーン カーンコーン
時透無一郎
時透無一郎
おはよう、有沢さん
有沢(なまえ)
有沢あなた
(げっ…)
おはよう、時透くん
ニコッ
朝っぱらから
会いたくねーヤツに会っちまった。
時透無一郎
時透無一郎
毎朝、早いね
有沢(なまえ)
有沢あなた
時透くんこそ
時透無一郎
時透無一郎
僕は剣道部だから、
朝は6時から、
夜は8時までやってるよ
有沢(なまえ)
有沢あなた
そんなに?

勉強と両立してすごいわ(*^_^*)
時透無一郎
時透無一郎
いやぁ…/////
(顔、真っ赤)
有沢(なまえ)
有沢あなた
(なぜ照れる…?)
時透無一郎
時透無一郎
有沢さんこそ、
しっかりして頭いいのに、
委員の仕事もして、手際いいし…
有沢(なまえ)
有沢あなた
ありがと(*^_^*)
時透無一郎
時透無一郎
うん(*^_^*)
2人の間に温かい空気が流れる。
有沢(なまえ)
有沢あなた
(愚かね…

目の前のナイスな相棒は、やがて
あんたを地獄に突き落とす女よ)

***

数学。
有沢(なまえ)
有沢あなた
(ふー、やっと解けた)
クラスの女子
えー、ここわかんない
時透無一郎
時透無一郎
これは、判別式の解と、
係数の解を利用するんだ

ホラッ
クラスの男子
時透ー、俺らにも教えて
時透無一郎
時透無一郎
じゃあ、班にしてやろうか
クラスの女子
それいい!
有沢(なまえ)
有沢あなた
(イラッ)

***

体育。

ダンダン(バスケ)
有沢(なまえ)
有沢あなた
っしゃ!
クラスの女子
あなたちゃん、ナイッシュー!
有沢(なまえ)
有沢あなた
うん(*^_^*)
クラスの女子
ねぇ、時透くん試合出てるよ!
クラスの女子
え、見る見る!

きゃあ!
クラスの女子
カッコいー!
クラスの女子
剣道部でもさー
3年に負けないんだって!
クラスの女子
道着も似合うよね!
ほんとカッコいい!
有沢(なまえ)
有沢あなた
(ムカっ)
男子が試合を終え、戻ってくる。
時透無一郎
時透無一郎
ふぅっ…

(汗を袖でぬぐっている)
有沢(なまえ)
有沢あなた
…まあ

確かに、女子がさわぐだけのことは
あるわね…/////

***

放課後。

委員会の集まりがあり、
時透くんとわたしは、廊下を歩いていた。
時透無一郎
時透無一郎
この学校って、
やたら委員会の集まり多いよね
こんなに大変とは…
有沢(なまえ)
有沢あなた
うん、でも、
それだけ生徒の自治にゆだねられて
やりがいがあるって思うな(*^_^*)
時透無一郎
時透無一郎
…有沢さんって前向きだね(*^_^*)
有沢(なまえ)
有沢あなた
(やかましいわ…)
時透無一郎
時透無一郎
ね…
今日部活休みなんだ

一緒に帰ってもいい?
有沢(なまえ)
有沢あなた
うん、いいわよ
(いやじゃ…)
駅に向かって並んで歩く。
時透無一郎
時透無一郎
有沢さんはさ、
どんな音楽が好きなの?
有沢(なまえ)
有沢あなた
え?
ブラームスかな、
特にピアノ協奏曲の2番が好きなの
(お笑いの方が好きだけど…)
時透無一郎
時透無一郎
それならうちにCDあるよ(*^_^*)
中間テスト終わったら、
今度貸すよ!
有沢(なまえ)
有沢あなた
本当?ありがとう(*^_^*)

きゃっ…

突風で、わたしの髪が舞い上がった。

びっくりして、ヘンな声
出ちゃったじゃないのっ…。
時透無一郎
時透無一郎
あなたちゃん…//////
有沢(なまえ)
有沢あなた
びっくりしたわ

(ん…あなたちゃんって
 言った!?////)

えっ…!?
時透無一郎
時透無一郎
なんでもないっ/////


時透くんが、こっちを
熱い目で見ている…気がした。