無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

34話 時透くんが帰ってきた!
目の前にいるのは、
確かに時透くんだった。

有沢(なまえ)
有沢あなた
な、なんでっ!?
明日じゃなかったの?
時透無一郎
時透無一郎
うん、明日の新幹線で
皆と帰ってくるはずだったんだけど
適当に理由つけて帰ってきちゃった
有沢(なまえ)
有沢あなた
時透くんでも
そーいうことするんだね(*^_^*)
時透無一郎
時透無一郎
打ち上げやらなんやら、
いつあなたに会えるか
わかんないし…/////
有沢(なまえ)
有沢あなた
そっか/////



わたしたちは、
近くの公園のベンチに座ると、
手をつないだ。

時透くんの手だっ…!
有沢(なまえ)
有沢あなた
改めて、
時透くん、おかえりぃー!!
時透無一郎
時透無一郎
うん、ただいま!

あー…
ホンモノのあなた……


はーかわいい(ボソッ)
有沢(なまえ)
有沢あなた
なに言って…/////


背…ほんと伸びたね
時透無一郎
時透無一郎
関節動かすたび痛くて
試合前だから、キツかったよ
有沢(なまえ)
有沢あなた
試合はどーだったの?
時透無一郎
時透無一郎
…優勝した
有沢(なまえ)
有沢あなた
優勝っ!!??
時透無一郎
時透無一郎
うん
有沢(なまえ)
有沢あなた
優勝って、優勝って…

剣道の日本一になったのっ!?
その優勝!!??
時透無一郎
時透無一郎
そーだよ
有沢(なまえ)
有沢あなた
うわ~すっごいなぁ…
カッコよかっただろうなー
見たかったなーっ

えらかったねぇ、時透くん(*^_^*)
時透無一郎
時透無一郎
そそっ…そうかな…/////
急に実感わいてきた
有沢(なまえ)
有沢あなた
すごいよ、本当に…

時透くん、すごいっっ!
時透無一郎
時透無一郎
あなたにほめらるのが
一番うれしい/////


試合、見たかったなぁ…。


有沢(なまえ)
有沢あなた
…ねえ、夏休み残り、
これからはいっぱい会える?
時透無一郎
時透無一郎
うん、部活はあるけど
丸一日つぶれるとかはないよ
有沢(なまえ)
有沢あなた
ふーんっ、そっかー!!
えへ(*^_^*)
時透無一郎
時透無一郎
そんなうれしい?/////
有沢(なまえ)
有沢あなた
そりゃあ
うれしいに決まってるじゃん!

すっごく寂しかったんだから!
時透くんがわたしの頭を
よしよしとなでた。
時透無一郎
時透無一郎
あなた………。
トクン…。


えっ?なにこれ…。

胸がドキドキして…。
時透無一郎
時透無一郎
やっぱり、
あなたといる時が
一番いいな…
とまどっていると、
目の前に、時透くんの
長いまつげが迫ってきた。




久しぶりの


キス…。

有沢(なまえ)
有沢あなた
と…ときとーくん…/////
時透無一郎
時透無一郎
僕も寂しかった…
有沢(なまえ)
有沢あなた
…/////
体全体に広がって、
わたしを支配してしまう感情。

なぜ今まで、
時透くんといて平気だったんだろう。


こんなに想われていて……。
こんなに見つめられて…。
有沢(なまえ)
有沢あなた
息ができない…
時透無一郎
時透無一郎
あなた?



こんなことあるんだろうか。

わたしは、好きな人に
もう一度恋をしてしまった。

前よりもっと好き。