無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

51話 倉庫で、無一郎と…
初めて一緒に学校をサボった
わたしと無一郎は、
武道場の倉庫に来た。

“倉庫”ってなんだか漫画とか小説で、
イケないことしちゃう感じ…。

いや、ちがうちがうっ。
落ち着けわたし。
時透無一郎
時透無一郎
ね、いい場所でしょ?
案外綺麗だし、誰もいない
有沢(なまえ)
有沢あなた
マット、いっぱいあるねぇ
時透無一郎
時透無一郎
さ、寝よっか
有沢(なまえ)
有沢あなた
えっ…なんだぁ、
本当にお昼寝するの!?
時透無一郎
時透無一郎
やらしいことすると思った?
有沢(なまえ)
有沢あなた
お、おもっ、思ってない!!
時透無一郎
時透無一郎
クスッ

まあするんだけどね
有沢(なまえ)
有沢あなた
…ッ!!
時透無一郎
時透無一郎
髪、桜の花びらついてる
無一郎は、わたしの髪に
手を伸ばすと同時に、
上くちびるを優しくかんだ。
有沢(なまえ)
有沢あなた
あっ…
時透無一郎
時透無一郎
あなた、ほんと好き
ゆっくり舌が入ってきて、
わたしの舌にたっぷり絡めてくる。
いつもより、荒い吐息。

わたしもそれに応える。
有沢(なまえ)
有沢あなた
ん…/////
制服のシャツのボタンが外され、
シャツとブラのすき間から、
無一郎の手が入ってくる。
有沢(なまえ)
有沢あなた
服…着たまま?
時透無一郎
時透無一郎
ここで裸になる?
有沢(なまえ)
有沢あなた
……/////

着たままでいいよ…
無一郎が
わたしの胸に顔をうずめると、
髪から汗の混ざった
男の人の匂いがして、ドキッとした。

今日も朝練あったんだな…。
有沢(なまえ)
有沢あなた
学生服の無一郎に
こんなことされるの
恥ずかしすぎる…/////
時透無一郎
時透無一郎
やめる?
有沢(なまえ)
有沢あなた
…たくない
かっこいいもん/////
時透無一郎
時透無一郎
僕、かっこいい?
有沢(なまえ)
有沢あなた
うん…
無一郎は胸から顔を上げて
真っ赤な顔で見つめると、
わたしの耳に口を寄せた。
時透無一郎
時透無一郎
制服のあなたも
相当かわいいんだけど…
有沢(なまえ)
有沢あなた
…/////
時透無一郎
時透無一郎
僕、今かなりヤバい/////
無一郎は、わたしのスカートから
下着だけ抜きとると、
両手でわたしのひざを広げて、
顔を近付けた。
有沢(なまえ)
有沢あなた
あんまり見ないで…
時透無一郎
時透無一郎
なめたい
有沢(なまえ)
有沢あなた
アッ…
せまい倉庫に、
無一郎がなめるいやらしい音と、
かすかなわたしの声だけが響いてる。
時透無一郎
時透無一郎
そんなに声出しちゃダメだよ
有沢(なまえ)
有沢あなた
だって…
学校だと思うと、よけいに…/////
時透無一郎
時透無一郎
じゃあさ、
たまにはあなたが
僕のをなめてよ/////
有沢(なまえ)
有沢あなた
!!
うん…/////
カチャッ

ズボンのベルトが外され、
勢いよく出された無一郎のアレは
硬くて熱くて、不思議な感じがした。

無一郎の一部。
有沢(なまえ)
有沢あなた
ペロッ…
チュウ…
時透無一郎
時透無一郎
うぅ…
ハアッ…
無心になめた。

無一郎に気持ちよくなってほしい、
無一郎を喜ばせてあげたい、
ただただそういう想いだった。
有沢(なまえ)
有沢あなた
ん…
ちょっと苦いのが…
時透無一郎
時透無一郎
ごめん/////

がんばって、
ガマンしているんだけど…
有沢(なまえ)
有沢あなた
気持ちいい?
時透無一郎
時透無一郎
うん/////

それに、あなたが一生懸命してくれて
すごくうれしい…
有沢(なまえ)
有沢あなた
そっかっ/////
時透無一郎
時透無一郎
…ねぇ
もう入れていい?
限界だ
有沢(なまえ)
有沢あなた
アレ…ないし
無一郎は、胸ポケットから
乱暴に定期入れを取り出した。

そのすき間から、
ひとつだけ…アレが…。
有沢(なまえ)
有沢あなた
持ってたの!?
時透無一郎
時透無一郎
お守りだよ

男のたしなみ!?だね
有沢(なまえ)
有沢あなた
うん…/////
無一郎の腰が
ぴったりくっつくと、
奥まで一気に貫かれた。
有沢(なまえ)
有沢あなた
…ッ…アッ
時透無一郎
時透無一郎
ごめん、もうガマンできない
最高だよ

ハアッ…
時透無一郎
時透無一郎
あなた、本当に愛してる


こうして、わたしたちの
初めてのサボりは、
春の空気の中に、溶けていった。