無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話 これは恋!?
それは、どこからやってくるんだろう。

昨日まではなかった。

どこにもなかった感情。


時透無一郎
時透無一郎
ね、結局CD貸したけど、
あれ、聞いたの?
有沢(なまえ)
有沢あなた
失礼ね、聞いたわよっ
時透無一郎
時透無一郎
お笑いしか興味ないかと…
有沢(なまえ)
有沢あなた
クラシック、別に嫌いじゃないし////
窓際で話していると、


ヒソヒソ
ねぇ…

クラスの女子たちの視線が飛んでくる。
クラスの男子
時透、いつの間に有沢さんとー!?
時透無一郎
時透無一郎
いーだろぉ(*^_^*)
時透くんは、上手にかわしている。
***

そしていつものようにプリントをこなし、
教室の夜…。
有沢(なまえ)
有沢あなた
やっと終わった…

なんだか眠く…

スゥ…z…
コトッ カタン
有沢(なまえ)
有沢あなた
スゥ…z

ん…時透くん?
時透無一郎
時透無一郎
起きた?
有沢(なまえ)
有沢あなた
うん…
時透無一郎
時透無一郎
さっき部活終わってから
来たんだ
有沢(なまえ)
有沢あなた
もうそんな時間…
時透無一郎
時透無一郎
ねぇ…
寝ちゃだめだよ?

あなた…
有沢(なまえ)
有沢あなた
…えっ!?//////
ザワッ

窓から、強い風が入った。
有沢(なまえ)
有沢あなた
うん、ごめん…/////
突然だった。 

“特別”に見えた。
時透くんが、特別に見えた…。

有沢(なまえ)
有沢あなた
まいったなぁ…/////

人を好きなんてなったことなかったのに。
初めてだ…。