無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

🌭




Jesse side









今日はあなたちゃんが来てくれる。


あなたちゃんに思いきってLINEした時から、

ずっとずっと今日を楽しみにしてきた、













なのに………















ジェシー
ジェシー
…撮影が終わんねぇ




久しぶりの6人でのテレビ出演。

その番組に出る共演者の方が、

何かと文句を言いつけちゃって…。

大御所の方だからスタッフも無視できないらしく、

全然撮影が進まない。




結局撮影が終わったのは6時半すぎだった。

2時間以上押している。


これから楽屋挨拶も行かないといけないし、

帰れるのは8時とかになるかもなぁ…と

落ち込んでいると、









髙地
髙地
ジェス!
ジェシー
ジェシー
…んぇ?
慎太郎
慎太郎
ほら、後は俺たちに任せて行ってこいって!



顔をあげると5人が笑顔で立っていた。





樹
樹
お前女の子待たせてんじゃねーよ笑
きょも
きょも
行ってきな?
北斗
北斗
ずっとソワソワしてただろ?
ほら、早く。
ジェシー
ジェシー
……っ/////
ジェシー
ジェシー
…ありがとう。











じんわりと広がるみんなの言葉。


誰よりも俺のことを知っていて、

誰よりも俺のことを幸せにしてくれるメンバー。





SixTONESって最強だよな。






ありがとう。

いつかこの幸せを返すから。






そう心のなかで呟いて、楽屋を出た。

































あわよくば、


あなたちゃんを幸せにするのは


自分でありたいと強く願いながら。














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


作者です。


前回は長かったのに今回は短め笑


でも、安心してください。


今日はもう一回投稿する予定です。


夕方ごろ、かな?






バリューの真実の予告ヤバイなぁ…

近づいてからの頭ポンポンはリアコすぎんか。


スト担さん生きてますか?



私は無事死亡しました。



クリスマス、年末のラッシュも楽しみ!!