無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

🌭









あの後。




放送が終わってすぐに

Twitterを見たりしたけど

ジェシーの体調については誰も触れてない。




私がSixTONESが好きだと

知っている友達もいないので、誰とも話せない。






あなた

だいじょうぶ、だよね?






幸い残された公演は後1つだった。



あなた

(ライブに行った人たちも何も言ってないってことは、私の気のせいだったんだ。)

あなた

(なんだ、良かった。)













1週間後。







一昨日、無事にラスト公演も終わったみたいだ。



あなた

SixTONESお疲れ様…!

あなた

次は行けると良いけど

あなた

きっとどんどん倍率上がるだろうな…😭






ツアー終了を取り上げた

朝のニュースを見終わって、

家を出る準備をする。




今日は大学も休みだから、

この間友達と見つけた

おしゃれなカフェに行こうと約束していた。






あなた

(まぁドタキャンされたんですけどね…)

あなた

良いもん!一人で楽しんじゃう!






ちょっとワクワクしていた私。
靴に足を滑り込ませる。









ドアノブをひねってドアを開ける。








雲1つない空にニッコリと微笑みかけた。










ドアを閉めて鍵をかける。















歩き出そうとした、











その時。





























あなた

え…………………………………




























初めて私は彼と出会う。
















私の左隣の部屋の前。
















































そこで彼は、倒れていた。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



いよいよ動き始めましたね……。



今までの焦らしは何だったんだっていう勢いで、進んでいきます笑


今後とも何とぞ……m(__)m









シックストーンズじゃない


まさかのシリーズものだったとは…笑

第三弾をひそかに期待しております笑








VS嵐のジェスがかっこよすぎて惚れました。

やっぱり私は箱推しが向いてる。

浮気性なので笑




ジェシーが自軍にいることの

幸せを噛み締めてます…(´▽`)