無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

🌭







Jesse side












マネージャーさんに送ってもらう車のなかで、

あなたちゃんにLINEをした。






ジェシー
ジェシー
ほんっとにごめん!!
撮影が長引いちゃって…あと30分くらいで帰りつくと思います!
無理言ったのは俺なのに…ごめんね。




怒ってるかな、なんて思いながら

既読のつかないLINEを眺める。


あなたちゃんのことだから、

5時に間に合うように

たくさん準備もしておいてくれたはずだ。


怒っても仕方ない…悪いのは俺だ。









その時、



LINEの通知音がなった。











あなた

お仕事長引いちゃってたんですね!
私は全然大丈夫です。
ご飯温めて待ってます!













「待ってます。」






その一言が

撮影の疲れも、嫌なことも、

全てを吹き飛ばした。



帰ったらあなたちゃんが部屋にいる。

なんて幸せなんだろう。

噛み締めきれないくらいの幸せを

胸に抱えこむ。














長いようで短い、短いようで長い30分がたった。




部屋の前に立つ。








ジェシー
ジェシー
…ただいま~






灯りがついたその場所が

まるで自分の部屋じゃないみたいで。

静かにドアを開けると、

その音を聞いて、

足音がこちらに近づいてくるのが分かった。















あなた

おかえりなさい!




































……破壊力。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回も短めですみません💦

しかも夕方って言ったのにちょっと遅くなっちゃった💦

これからもできるだけ更新頑張ります!










完全に私事なのですが、

実は今日、半年以上に渡って応援していた

親友2人がめでたくお付き合いを始めまして。

私ともう1人の男子とで

中心となって頑張っていたので

何とか上手くいってくれて良かった…(*T^T)


まだ余韻に浸ってます笑



私は好きな人を作るつもりも当分ないし、

いろいろあったので多分できないと思います。

でも、他の人の幸せを見ると、

自分まで幸せになりますね。



皆さんがこの小説を読んでくださる時間が、

少しでも幸せな時間にになりますように。



そして、SixTONESが、team SixTONESが、

幸せになれますように。