無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🌭



Jesse side




朝、眠い目を擦りながらアラームを止める。


朝の5:00

30分で支度しないと間に合わないや。




昨日帰ってきたのが11:50とかだったからな…

体が重い。
ジェシー
ジェシー
……飲みすぎたか



いつもは夜に仲のいい人と飲みに行く。

一昨日は政樹さんと。

その前は芸人さんたちの集まりに、

コロッケさんに連れていってもらった。

その前はメンバーとみんなで飲みに行ったな。




でも、仕事でうまくいかなかった時は

1人で飲んだりもする。

ジェシー
ジェシー
誰も止めてくれないから飲みすぎちゃうんだよな…笑









体は重いけど

二日酔いはしてないみたいで良かった。
今日のロケは体力勝負だから、

動けませんじゃ話にならないし。
ジェシー
ジェシー
(行ってきます。)



誰もいない部屋に心の中で声をかけて、

鍵を閉めた。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んで下さってありがとうございます!

作者です。


満を辞してのジェシー!

やったぁ←何故作者が喜ぶ




読んでくださってる方が

心なしか増えている気がします。

嬉しい( ≧∀≦)