無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🌭







お風呂に入って

そろそろ寝ようかなと

ベットでまったりしていたとき





ガチャ






隣の部屋のドアが開いた音がした。




あなた

…あ、帰ってきた

あなた

(ってもう12時前だよ?!…)






いつもは全然気にしてなかったけど

こんなに遅くまで仕事してるんだ…。


"謎の外国人さん"大丈夫かなぁ。

働きすぎで体調崩したりしないといいけど。



しばらく耳をそばたてていると、

すぐに電気が消える音がした。
あなた

(え?もう寝ちゃうの?)

あなた

(お風呂は朝入るんだろうけど、ご飯…)

あなた

(そんなに疲れてるのかなぁ)





いやいやこんなことしてたら

ストーカーだと思われる!笑

と慌てて布団に潜り込む。


あなた

(日本語話せないのかな。そしたら仕事も大変なんだろうな)

あなた

(お友達になりたいと思ったけど英語は苦手だ…勉強しよっかな…)






そんなことをぐるぐる考えながら、

私は眠りについた。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作者です!

読んで下さってありがとうございます!



ほっくんのドラマ決まりましたね!

天才ハッカーって…

絶対カッコいいし、絶対重要な役じゃん…

おめでとう😭


最近の毎朝の日課が、

SixTONESって検索することになってきてます。


かなりの頻度で新情報解禁されてるから

目が離せないんだもの…!!!!!!