無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

🌭






Jesse side














「そんなんじゃねぇよ」





もし、俺とこの子が

「そんなん」だったらどんなにいいだろうか、

なんてことをふと考えてみる。






眩しすぎるその笑顔も、

誰かのために頑張る一生懸命な姿も、

全部自分だけのものにできたら…。




きっと、その幸せを抱えるには、

体が1つでは足りないんだろうな。








そして同時に、

彼女にとっての自分が、

「ただの隣人である」という紛れもない事実が

僕を打ちのめすんだ。















はっと我に帰ると、

いつの間にか2人ともすっかり打ち解けていた。



髙地
髙地
え、あなたちゃん、俺らのこと知ってるの?!
あなた

知ってますよ笑
めっちゃTV出てるじゃないですか笑

慎太郎
慎太郎
マジかなんか嬉しいわ。
慎太郎
慎太郎
あなたちゃんにまで知ってもらえてるなんて俺らも有名になったなぁ!笑






………(-""-;)
ジェシー
ジェシー
…お前らさぁ、いつの間に"あなたちゃん"呼びしてんの




出来るだけ平然を保ったつもりだったが、

2人には不機嫌さがモロに伝わったらしい。





髙地
髙地
そんな怒んなって笑
慎太郎
慎太郎
あなたちゃん、ジェスも"あなたちゃん"って読んでいいよね?



突然慎太郎が投げ落とした爆弾に

思わず頬が熱くなる。




ジェシー
ジェシー
……っ///おまっ///
あなた

もちろんですよ!

あなた

あの、ジェシーさん、って呼んでもいいですか……?///










……こっちの方がデカかった。





ジェシー
ジェシー
…うん、もちろん///





あなたちゃんに名前を呼んでもらうだけで、

自分の名前が

ものすごく特別なものになった気がした。

















あなた

あ、慎太郎さんと髙地さん、もいいですか?

慎太郎
慎太郎
うん!ってか嬉しい笑
髙地
髙地
俺は優吾さんがいいなぁ…
慎太郎
慎太郎
いや、こーちが優吾さんって呼ばれてたら、ものスッゴい違和感ある。
髙地
髙地
だよな笑
ありがとう、あなたちゃん!



















……………クソ(-_-)








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いつも読んで下さる皆さん、

♡や☆をつけてくださっている皆さん、

ありがとうございます!



嫉妬ジェシー、かわいい(*''*)

以前、束縛は強めって言ってたので

そんな感じのイメージで書いてます。




ジェシーと言えば、ドルガバ、見ました?!

なんか回数重ねるごとにヤバくなってる…。

不意打ちだったからめっちゃ声だしてしまった笑

最高でした。




12月6日、音の日。


テストもようやく今日で終わったので、

誰かと遊びにいこうかと思ってましたが、

やめました。


全力で外出自粛します←



今週はFNSもあるし

京ジェらじらーもあるし

アルバム解禁もあるし

何?私がテスト頑張ったご褒美?!(違う)

って感じです笑




ISLANDTV卒業寂しいな…。

SixTONESさん、

インスタのストーリー、

じゃんじゃん更新してね!(´▽`*)

(なんか前上げすぎて怒られたらしいけど笑)







※途中まで機内モードで書いてたら

なんか順番ぐしゃぐしゃになっちゃってたので

直しました!(12/1PM6:29)

ご迷惑をおかけしてすみません💦