無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🌭
.





千代子さんが帰ってから、

冷蔵庫にタッパーをしまった。


明日のお弁当に入れよっかな…
…あ、今日金曜日だから明日は休みか笑









……金曜日?









あなた

あぁっ!!!!!!








慌てて時計を見たけど時既に遅し。
あなた

もう7時じゃん…

あなた

あーあ。せっかく今日は5時ぴったりに見れる日だったのにぃ





たまたま用事がなくて早く帰ってこれたから、

今日こそは更新された瞬間

見てやろうと思ってたのになぁ。








そう思いながらYouTubeを開く。
あなた

来た来た!
ってえ?dance practiceじゃん?!





少し冷めてしまった夜ごはんを食べながら

私が見ているのは、ストチューブ!



たまたまおすすめに出てきた

JAPONICA STYLEのmvがキッカケで

完全に沼に落ちた。




あなた

(ジャニーズ好きになるなんて思ってなかった笑)








左隣に住んでいるのが

千代子さんご夫妻ということもあり、

動画は必ずイヤホンで視聴。



テレビの音量も出来るだけ

下げるようにしてるけど…







あなた

ファ?!……っ

あなた

(ごめんなさいごめんなさい!)







たまにこんな風に声を出しちゃうことがある。




あなた

(いやいくらじゅったんでもそこでの腹チラは不意打ちすぎる…//)







あ、爆モテじゅったんよりの箱推しです♡







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



♡、☆を押してくださってる皆さん、


読んでくださってる皆さん、



いつもありがとう😭


主人公は樹推しにしてみました。笑



(私はゆごほくよりです←誰も聞いてn)



まだまだ続く予定なので、

これからも読んでいただけると嬉しいな。