無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🌭








あなたside









ジェシーさんがオムライスを食べ終わった後も

2人で他愛もない会話をしていたら

気づけば10:00をまわっていた。








あなた

ごめんなさい!
明日もジェシーさん仕事で忙しいのに…






あわてて謝ると

ジェシーさんは大袈裟なくらい首をブンブン振って

にっこりと微笑んでくれた。






ジェシー
ジェシー
ううん!むしろいっぱい力もらったから明日も頑張れそうだよ!
ジェシー
ジェシー
ほんとにありがとね。嬉しかった。










…力をもらったのは私の方だ。


そんなに温かい笑顔を向けられたら、


ジェシーさんのこと、一人占めしたくなる。


アイドルとして、


たくさんのファンの人を幸せにするジェシーさん。


そんなジェシーさんを幸せにできるのが


世界で私だけだったらいいのに…。




そんなことを考えてしまう自分に気づく。
















あなた

…いいえ!こちらこそ楽しかったです。






私も精一杯の笑顔でジェシーさんに微笑んだ。










































部屋に戻って。







今日1日のことを思い返す。



といっても、

思い返されるのはジェシーさんのことばかりで。









ジェシーさんがアイドルであること。



たくさんの女性ファンの方がいること。



きれいな女優さんやモデルさんが身近にいること。










私とは一生縁のないはずだった人であること。
















どんなに考えても、


脳裏に浮かぶのは、









笑顔と、

















言葉と、

























自分の体温。


























好きになっちゃいけない人。




















なのに、私は、
































どうしようもなく、ジェシーさんが好きだ。




















































でも。






















考えるのはやめよう。

もう終わりにしよう。








私はただの隣人。

軽々しく好きになんてなっちゃいけない。





ジェシーさんから、

「また作ってほしいな」って言われたから、

料理を作ってあげるのはやめられない。






…そうだ、家政婦だ。

私はジェシーさんの家政婦。






あくまで、

ジェシーさんの活動がスムーズにいくように

サポートするだけ。












いつかジェシーさんが素敵な方と結婚して

もっともっと人気になって

追いかけることも不可能なくらい遠くにいって

そして、私のことなんて忘れる。


それをサポートするのが私の役目。



































…分かってたんだ。


はじめから。


私はその事実から逃げてきた。


でももう逃げない。






今日、やっと分かった。


今まで生きてきた中で一番幸せな時間だったから。


分かってしまったんだ。























ここにいるべきは私じゃない。


































あなた

(…ジェシーさんの部屋はこっち側のはず)














ジェシーさんの部屋側の壁にもたれかかって、


力が抜けたように座り込んだ。











震えが止まらないのも、







頬を水滴がつたう感触も、
















全部気のせい。

















































あなた

さようなら。

























そう小さく呟いた。































































その壁の向こう側で

ジェシーさんも座り込んで

大切な人を想っていたことを私は知らない。















































ジェシー
ジェシー
………あなたちゃん。
ジェシー
ジェシー
………………好き、だよ。
































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



作者です!


いつも♡をつけてくださる皆さん、

お気に入りにしてくださってる皆さん、

もちろん読んでくださる皆さんも!


本当にありがとうございます。

感謝でいっぱいです。











朝起きたらan・an…。

幸せな朝でした(*''*)

個人的な疑問としては、

「STONES」が終わったらどうするんですかね?

結構マジで気になってます。







紅白Imitation rain決まったんですか?

なんだかんだイミレが一番好きなんで

めっちゃ嬉しい…。

緊張するだろうけど応援してます!

SixTONESがアウェーに強いことは

もう周知の事実だしね笑






藤ヶ谷君とのANNめっちゃ面白かった笑

きょもじゅりが後輩してましたね…笑

あまりにおとなしすぎて、

リトルストーンから総ツッコミくらってんの好き笑