無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🌭
.







あなた

わぁぁ( ≧∀≦)

千代子さんが広げたタッパーの中には
唐揚げがたくさん!
あなた

ありがとうございますぅ~😭

千代子さん
千代子さん
いえいえ
千代子さん
千代子さん
そんなにあなたちゃんに喜んでもらえると私も作りがいがあるのよ

明日唐揚げを作って持っていくからと
千代子さんから連絡があってから
ずっとソワソワしていたのだ。
あなた

ホントにいつもすみません…

千代子さん
千代子さん
私が好きでやってるんだから謝らないで!



慌てて千代子さんは手を振った。


千代子さん
千代子さん
娘が、旦那さんについていってしまったものだから、娘夫婦にも孫にもなかなか会えなくてねぇ。
千代子さん
千代子さん
こうやって喜んで食べてくれる人がいて凄く救われてるのよ。
あなた

千代子さん……




手に持っているタッパーが、
温かく熱を帯びるのを感じた。
あなた

ありがとうございます。





にっこりと笑う千代子さんを見て、
また一層ここが好きになった。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


焦らしてしまってすみません!


そろそろ、「そういうプレイはいい!」という

こーちの声が聞こえてきそうなので笑

少し次回のネタバレをします。













次回、
なんと!
ついに!!
















2人の会話の中でジェシーくんの存在が明かされます。笑





本人登場まではもう少しお待ちください笑