無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🌭











あなたside


















そうめんを食べながら情報収集。


どうやらSixTONESの

次のシングルが決まったらしい。











あなた

(すっご………)








………………………。











あなた

…おめでとうございます。







隣の部屋にペコッと頭を下げる。





それにしてもSixTONESの勢い凄いな。













そんなことを考えていたら、


LINEの通知音がなった。










あなた

じゅり、さん…?









そうだ。


この間SixTONESのメンバーさん全員が

ジェシーさんの家に来られた時に

連絡先を交換したんだった。



すっかり忘れてたけど((







樹
樹
あなたちゃん、久しぶり!
急に連絡してごめんね。元気にしてる?
樹
樹
実は、今度ジェシーだけ地方ロケの日にみんなでご飯食べようって他のメンバー4人と話してるんだけど、もしよかったら料理また作ってくれないかな?
樹
樹
なんかジェシーにあなたちゃんに連絡してって言っても聞き入れてくれなくてさ(^^;









そっか…ジェシーさん言ってないんだ。


…どうしよう。





















































あなた

分かりました!
その日空いてるんで大丈夫ですよ。
どこでするんですか?









LINEで言うのもなんだから、

直接会って話すことにした。






私が言っていいのかは分からないけど、

いつかは言わなきゃいけないことだし。







それに、多分、

メンバーの皆さんと会うのもこれが最後だろう。






そんな思いを抱えて、返信する。










樹
樹
ありがとう!
本当申し訳ないんだけど、俺の家とかでもいいかな?
あなた

いいですよ!
でも樹さん、彼女さんとか大丈夫なんですか?

樹
樹
話はしてあるからこっちは全然オッケーだよ!あなたちゃんこそ彼氏さん大丈夫なの?男5人の集まりに行くなんて。
あなた

そうなんですね!
私は残念ながらそんなお相手はいないので、お構い無く笑

樹
樹
え!そうなんだ!意外だった笑
樹
樹
じゃあ、よろしくね!
メンバーも楽しみにしてる笑
あなた

はい!笑









なに作ろうかな、と思った時に

そんなにパニックにならなかったのは、



もう何回も作ってきたからで、

金曜日までまだ数日あるからで、






ジェシーさんがいないから、じゃないよ?…

























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



どうも、作者です。

コロナ、減らないなぁ…。

ここまできたら、早くワクチンが出来るのを

待つのみ、なんですかね。








そういえば皆さん、気づいてますか?






















さらっとあなたちゃんに

彼女いるか聞いた田中樹に。











いーやー恐ろしい。

爆モテ仕事人じゅったんのテクはおそるべしです…


※実話ではありません笑笑












そしてもっと恐ろしいのは

こんだけ頻繁に投稿しておきながら

ニュースが途切れないSixTONESさんですよ。









今日もまたラジオが決まりましたね。

(知らない!って方、調べてみてください。

バリバリの音楽系のやつです…!!!!!!)



どんどんSixTONESが遠くなっていくのが

嬉しくて仕方がない…(ドMか)。










と思いつつ、ドッキリのやつ見てます笑







あんだけの作品を作り上げておきながら、

こんなに面白いのはずるいわ笑笑








ギャップと書いてSixTONESと読むか、

SixTONESと書いてギャップと読むか、みたいな笑










あんまり帰省とかも出来ないけど、

SixTONESさんのおかげで充実してます笑。

















今日はもう一話、頑張って上げたいなぁ……。