無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🌭
.




あなた

は~い!

足音を鳴らしながらドアへと駆け寄る。


下の階の方ごめんなさい。

だってずっと楽しみにしてたんだもん…








ガチャ




千代子さん
千代子さん
もう~
そんなに走って来なくても~笑
あなた

こんにちは千代子さん!

あなた

すみません。
気持ちが高ぶっちゃって笑







この人は上道千代子さん。

旦那さんと一緒に、私の左隣の部屋に住んでいる。

私が東京に来て初めて出来たお友達だ。
凄く料理が上手で、お料理教室の先生もしているらしい。

時間が出来たら通ってみたいなと思っている。
そんな千代子さんが今日持ってきてくれたのは…






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

読んでくださった皆さん、ありがとうございます!

まだまだジェシーくんが出てくる気配がありませんね…笑

もう少しお待ちを笑



♡と☆を押して下さると嬉しいなぁ……