無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

🌭







.






少しだけ開いたドア。









そのドアに寄りかかるようにして倒れていた彼。











背が高くて、










男前で、












外国人のような顔立ちで、

























そして……


























あなた

…いや、今はそれどころじゃない。







千代子さんご夫妻に助けを求めようとしたけど、

お孫さんたちをつれて出かける、

と話していたことを思い出した。






あなた

どうしよう………







少し開いたドアから、部屋の中が見えた。









いや、でも……


















あなた

…っしょうがない!













覚悟を決めて、ドアを開ける。








背の高い彼を支えて、玄関の中へ入る。
















軽い。









そして、熱い。















不安がよぎる。











きちんと片付けられた部屋を覗くと、


ベットが見えた。






あなた

……よし。








もうひと踏ん張り!と彼を連れていく。










あなた

………ふぅ








やっとの事でベットまで連れてきて、寝かせた。











あなた

(勝手に入っちゃった…)

あなた

…ごめんなさい

あなた

すぐ出ますね。











でも、私の目にうつるのは






顔を赤くして、苦しそうにしている彼。
















あなた

……

あなた

部屋からいろいろ持ってこよう。











ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



読んでくださってる皆さん、ありがとうございます!



♡や☆をつけてくださる方もたくさんいて、本当に嬉しいです😭



まだまだ続きますので楽しみにしててくださいね。









SixTONES、Mステおめでとう🎉

幸せが続きます。嬉しいな。



ストチューブも最高でした…

B.I.Shadowの名前が出るのが

凄い嬉しいんだよね。ゆごほく尊い。









まさに「悪名は無名に勝る」。

樹のラップはホントに大好きだし、

SixTONESの大きな武器だから、

これからも大事にしてほしい!

ここからコラボに繋がったりしないかななんて

ポジティブすぎるかな?笑