無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

@















@




私は 、てひょん が壊した香水の代わりに

薔薇でも買おうと 出掛けた .







花屋のすぐそこの横断歩道を通ろうとした時



















??
  あなた!!  









私は振り向いた .

だけど私の立ち止まっている場所は

横断歩道のど真ん中 .

運悪く信号無視した車が来る.













______ ドンッッッ !!
















私の身体は宙に浮いた .




同時に意識も失った .






でも、微かに聞こえたのは

















______ 誰かの泣き声だった .












next